2008.12.26

AURLRA DANCE

 

2009年1月10日(日曜)にエナジーオープンセンターにて「AURLRA DANCE」スライドショーが開催されます。皆様ぜひいらして下さいね!

**

【日時】
1月10日(土) open19:00 start19:30 close 21:30

【会場】
エナジーオープンセンター
神戸市中央区磯辺通4-1-8 ITCビル1階
TEL:078-891-5030

【料金】
一般2,500円(60歳以上・高校生以下1,500円)
※予約不要

【お問合せ】
イベントの内要に関することは 090-6214-7546 または
mysong@aurora-dance.com 中垣哲也

【お願い】
会場の客席は木の床になりますので、可能であれば座布団やクッション等を持参してください。
(※会場にも多少の用意がありますが数に限りがあります)

**

オーロラ舞うこの地球はこんなに美しい
~アラスカ北極圏、この地球上で最も崇高な夜空の下で~

私は16回の極北の取材で、幸運なことに何度か奇跡的なオーロラと遭遇しました。 驚異の光に包まれた瞬間にいつも感じることは、「私はいま、地球上でもっとも崇高な宙の下にいる!」 暁の女神が気まぐれに微笑んだ時、極北の満天の星空は壮大な宇宙劇場と変貌します。 過酷な宇宙環境の中で、奇跡とも言うべきかけがえのない環境を持った惑星・地球号を照らす、オーロラのメッセージを感じてください。

【デジタルスライド&トークショー】
最先端デジタルカメラで連続撮影したオーロラ画像を自らコンピューター編集し、美しい発色でリアルに動くオーロラ映像を再現しています。それは地球上でもっとも美しくダイナミックな自然現象をもっとも感動的に表現します。舞台は「ラスト・フロンティア」「地球温暖化の最前線」と言われるアラスカ、カナダ極北。野生動物、自然、そして宇宙そのものと言える、神秘の光が舞う極北の壮大で華麗な夜空を疑似体験できます。

【中垣哲也プロフィール】
1961年5月17日 札幌生まれ 札幌市中央区在住 星景写真家・Heavenly Messenger 少年時代から星空と音楽で感性をはぐくみ、高校生で一眼レフを手にする。歳を重ねても星空への憧れを失わなかった。2001年、ニュージーランドで遭遇した荘厳な低緯度オーロラに衝撃を受け、翌年、導かれたカナダ極北の地で、いきなりオーロラ爆発の天命を受ける。以後、在職中休暇を利用してオーロラを追い求め、極北の地へ取材を重ねる。
2004年小学館より中垣哲也写真集「AURORA DANCE オーロラに包まれて」を発表。 2006年、富士フォトサロンの札幌・東京の両会場でオーロラ写真展を開催、のべ1万人を超える観客動員数を記録。2007年以降、大阪・福岡・京都で写真展を開催。 2007年3月まで札幌医大病院で診療放射線技師として勤務、在職中休暇を利用してオーロラを追い求め、極北の地へ取材を重ねる。 2007年4月に独立、全国を舞台に、オーロラや星空、極北の自然を通して、奇跡とも言える地球の素晴らしさを伝える伝道師としての道を歩み始める。

【主な著書】
AURORA DANCE オーロラに包まれて 小学館
AURORA CHANCE (写真集+DVD) 須田製版 2009年2月 発売見込み


| コメント (0)

2008.11.04

Voice of the Sacred Earth スケジュール

11/23(日)~11/30(日)に行われるVoice of the Sacred Earthのワークショップ及び上映会のスケジュールです!

通常のクラススケジュールはこちらから!
http://www.teoc.jp/schedule.html

写真展以外のワークショップ等のお問い合わせは・・
タッチインピース
TEL:078-881-8844
urara@touchinpeace.org
http://www.touchinpeace.org

ご予約はエナジーオープンセンターまで
078-891-5030 info@teoc.jp

-----------

◇23日(日)
13:00-15:00
アシリレラさんとフォトグラファー宇井さんのお話PART1
参加費:2,500円

15:30-16:00
バリ舞踊披露

18:30-20:30
ホピの預言2004年版上映会と辰巳玲子さんからのお話

マイカップをご持参下さい
参加費:1,500円(お茶代込)

◇24日(月・祝日)
10:00-12:00
アシリレラさんとフォトグラファー宇井さんのお話PART2
参加費:2,500円

12:30-13:00
インド舞踊披露

14:00-15:00
エナジーオープンセンター早志享子、タッチインピース田岡麗よりご挨拶

16:00-18:00
マインドフル・ドラミング(ジャンベ瞑想)by Toni @東遊園地
15:45エナジーオープンセンター集合

雨天の場合エナジーオープンセンターにてジャンベリードによるボディーメディテーションを行います。
ジャンベをお持ちの方はご持参下さい。ない方はこちらでお貸ししますので予約時にお伝えください。

18:30-20:30
ガイヤシンフォニー地球交響曲三番 上映会

マイカップをご持参下さい

◇26日(水)
16:00-17:30
フラレッスン体験:矢野美幸
参加費:2,500円

◇28日(金)
18:30-20:30
新月のメディテーションワークショップ by平松則子

◇29日(土)
10:00よりチャリティーバザー開催 なくなり次第終了!

14:00-16:00
アロマテラピーことはじめ。by Urara + 柏原潤子

先着10組限定
参加費:4,500円

17:00-19:00
Escape over the Himalayas ヒマラヤを越える子供たち上映会

マイカップをご持参下さい
参加費:800円(お茶代込)

| コメント (0)

2008.10.30

宇井眞紀子写真展 アシリ・レラ -それはアイヌ語で"新しい風"-

11/23(日)から11/30(日)の1週間、エナジーオープンセンターの2周年を記念して、
宇井眞紀子さんの写真展が開催されます。初日11/23、24には、
特別にアシリレラ
さん宇井眞紀子さんをお招きし、お話を聞ける場を設けております。
どうぞみなさまお越し下さいませ!

PHOTO EXHIBITION:写真展
11/23(日)-11/30(日) 10:00-19:00
※イベント期間中ご覧頂けない時間帯もございます。
詳しくはお問合わせ下さい。
078-891-5030 info@teoc.jp


Listen to ASIR RERA:STORY TELLING+experiences
アシリレラさんと宇井さんのお話
参加費:2,500円
11/23(日)  13:00-15:00
11/24(月)  10:00-12:00

写真展について
北海道・二風谷。そこにはアイヌの精神がたしかに受け継がれていました。1992~2004年、写真家・宇井眞紀子は娘を連れて、多い時には年に10回も足しげく通いました。アイヌ民族のアシリ・レラさんを中心に、生活の中でアイヌ文化を学びながら生きる人びとを、家族のような親密な眼差しでとらえた写真。『命』を感じることのできる暮らしが、そこにはあります。2006年にアメリカの先住民族・ナバホの保留地を訪ねた、祈りの旅の写真も加え、70点を超える作品を展示いたします。

アシリレラ
北海道平取町二風谷(にぶたに)在住のアイヌ民族女性。「山道アイヌ語学校」「山道職業訓練校」を主宰し、民族問題、環境保護運動、平和運動に取り組む。実子・養子・里子を含めて10人以上の子どもを育てるビッグママ。アイヌの語り部として、アイヌの叡智を語り継いでいる。全ての民は神の子で、大地はウレシパ・モシリ(互いに育み合う大地)であった、一万年前の原点に戻ろうと、アイヌ民族が強制移住させられた地で、毎年8月に『アイヌモシリ一万年祭』を主催。今年20回目を迎えた。

宇井眞紀子
1960年生まれ。武蔵野美術大学、日本写真芸術専門学校卒業後、写真家樋口健二氏に師事。同時に雑誌を中心にフリーランスで活動を始める。1992年よりアイヌ民族の取材を始める。写真集に『アイヌときどき日本人』(社会評論社刊)、『ASIR RERA・AINU SPIRITS』(新風舎刊)、『眠る線路』(ワイズ出版刊)がある。(社)日本写真家協会会員。武蔵野美術大学非常勤講師。日本写真芸術専門学校講師。

| コメント (0)

2008.08.05

RECALLED BLAZE

先日ブログでお知らせしたKyokoオーガナイズの超超超オススメイベント
“RECALLED BLAZE”のフライヤーが出来ましたー!

▼表
Omote2

▼裏
Ura2

センターにも近々置きます!かなり可愛い感じですよ!

センターでガンブーツダンスクラスをしてくれいている、JOSEPHさんもパフォーマンスします。ステージングを見るのは初めてなのでかなり楽しみです!

最後にKyokoからのメッセージ・・

『RECALLED BLAZE』  あなた自身の鋭い光 取り戻して、、。
一人ひとりの中に宿っている魂の輝き、それを大切にしてほしい、
ここに集まるミュージシャンは 音楽に、スピリットにささげる魂の
輝きをいつも私たちに思い出させてくれる、そんなミュージックに
私たちは敬意を払いたい。。

それは私たちに光 をいつも与えてくれるから。。
惜しみない輝きは洗練の中で産まれてくるもの。
柔らかく温かいぬく もりも、厳しいシチュエーションの中から
たくましく育っていくもの、みんなと分かち合いたい、
鋭い閃光、それは闇夜を切り裂く光の刀と なって
心に晴れ間をくれるから。。

message from KYOKO@RESOURCE.KOBE



| コメント (0)

2008.08.02

おすすめのイベント紹介です!

2008/9/8(mon)@KOBE Varit
”RECALLED BLAZE ~RESOURCE.KOBE invite CHRIS MURRAY COMBO“

Adv/Door ¥2500/¥3000(1drink別)
Open/Start 18:30/19:00

<LIVE>
CHRIS MURRAY COMBO (from L.A)
SHANGO COMEDOWN ABOVE ME
NKOSI AFRICA
CHAMBER MEETING (from Tokyo)

<DJ>
YONE (OSAKA SKANKIN’ NIGHT / 2tone cafe) ZAKO (one track mind / 東京ロンドン化計画)

<FOOD>
EL DOMINGO
カレー料理店 ヒンホイ
2tone cafe

<TICKET>
*8/1発売
ぴあ : Pコード 300-470
ローソン : Lコード 55598

KOBE Varit
TEL: 078-392-6655 FAX: 078-392-6650
E-mail: info@varit.jp

The Energy Open Center
TEL:078-891-5030 FAX:078-891-5033
MAIL:info@teoc.jp

*各アーティスト、各店舗でもチケット販売しております。
(詳しくは各アーティスト、各店舗にお問い合わせください)

<INFORMATION>
KOBE Varit
〒650-0011 神戸市中央区下山手通り2-13-3建創ビルB1F
TEL: 078-392-6655 FAX: 078-392-6650
E-mail: info@varit.jp

The Energy Open Center
〒651-0084 神戸市中央区磯辺通4-1-8ITCビル1階
TEL:078-891-5030 FAX:078-891-5033
MAIL:info@teoc.jp

■出演者詳細

CHRIS MURRAY COMBO(from L.A)

Chris_murray_combo480_2

アコースティックでスカ,アーリーレゲエ,ロックステディサウンドをプレイするUS西海岸スカシーンのカリスマ、CHRIS MURRAY。カナダで大人気だったKingApparutusの解散後、4-trackで録音した2枚のアルバムをリリース。その後ウォークマンで録音したlo-fiサウンドのアルバムRawをリリース。その他にもHepcat,The Slackersのレコーディングのゲスト出演、Laurel Aitken、 Desmond Deckerとの共演、The Specialsとのセッション等幅広い活動を行う。 2003年にベースとドラムを入れたバンドスタイルのChris Murray Comboを結成し2004年には東京スカパラダイスオーケストラの西海岸ツアーのサポート、8月には5,000枚のセールスを記録した日本編集のベストアルバム、Collectedをリリースして、9月に日本ツアーを行い日比谷野音でのスカフェスティバルの出演やベストアルバムでライナーノートを作成 &フジロックフェスティバルでゲスト出演した渡辺俊美(Tokyo NO.1 Soul Set/The Zoot16)との共演を果たす。2005年の、3月にはNYCのTHE SLACKERSとのコラボレーションアルバムのSlacknessをリリースし、フジロックフェスティバルに出演して大反響を得る。その後もブラジルスカフェスティバルの出演やヨーロッパツアーを重ね遂にファン待望のChris Murray Combo名義で初のアルバム、Why So Rudeをリリースする。
http://www.chrismurray.net/
http://www.skaintheworld.com/


NKOSI AFRICA

Nkosi_africa_2

NKOSI AFRICA /ジョゼフ・ンコシ (南アフリカ共和国出身) 南アフリカの伝統楽器マリンバを中心にアフリカンドラムや歌を織り交ぜ、スピード感溢れるリズムと湧き出る即興演奏は世界各国で絶賛され、南アフリカではマリンバ奏者ベスト3の一人に挙げられる。演奏活動のほか、伝統音楽や美術の指導も行い、自身のバンド「NKOSI AFRICA」(ンコシ・アフリカ)やソロ活動、ワークショップなど幅広く活動中。生活に根ざした南アフリカの音楽の素晴らしさを日本に伝える。
http://nkosiafrica.com/


CHAMBER MEETING(from Tokyo)

Chamberwebphoto480_2

vo / g ZAKO ( one track mind )を中心に、昔からちょっとやってみたかった、ba 高木記明 ( SHANGO COMEDOWN ABOVE ME )、dr 宗像健二 ( ex 9miles )、key 今井悠 ( PFP/one track mind ) で編成される。裏打ちしかできないギターのため、必然的にスカ・レゲエアレンジにしかならず、つまりスカ・レゲエ風なことしかできないことに。いや、そうでもないか?うん?


SHANGO COMEDOWN ABOVE ME

Shangowebphotoline2_2

様々なジャンルの音楽を経由し、メンバー編成やスタイルを変えながら活動を続けてきたSHANGO COMEDOWN ABOVE ME。60年代末~70年代のロックを基調に、 ジャズ、NYラテン、ブラジル音楽、さらにアフロ・ビートまで奔放に血肉化した音は、まさに“規格外”のハイブリッドさ! 2005年には1st album “shango comedown above me”をメジャーリリース。最近ではアフリカンダンサーが加入し、更なる独自路線を開発&展開中。多様化し切った音楽シーンの中で、未開拓のグルーヴを切り開き続ける音楽的な歓喜とスリル、そして“衝動”に満ちている。
http://www.myspace.com/shangocomedownaboveme
http://www.shango.jp


DJ YONE(2tone cafe/OSAKA SKANKIN NIGHT)

Yone480

今年で12年目に突入した浪花の名物パーティーOSAKA SKANKIN’ NIGHTのエースDJである彼の選曲は、60’s SKA~2TONE~NEO SKAとオールラウンドSKAMUZICをPLAYし、また関西弁イテマエMCを駆使しオーディエンスをあおり散らかすDJ漫談スタイルを確立している。過去にはKING of SKA~PLAY GROUND等BIG PARTYに全公演メインDJ&MCで参加。他Cafeイベント~CLUBパーティーまでプロデュース&ブッキング等まるちな活動を行う。
http://www.skankin.org


DJ ZAKO(one track mind/東京ロンドン化計画/CHAMBER MEETING)

Dj_zako_2

今年で16年目を迎えるイベント「東京ロンドン化計画」のレギュラーDJとしてはや12年目。全般、なるべく分かりやすい選曲、流れを主にしながら skareggae, rockを軸に、日本語の楽曲をどこまで練り込んでいけるかに、楽しみを見出している、眼鏡野郎哀愁派。「one track mind」「こざこいまい」 「chamber meeting」などのVoとしても活動中。
http://www.londonka.com/
http://www.onetrackmind.jp/


cafe EL DOMINGO

Cafeeldomingo

HOLA!!今宵も飲んで食べて踊って笑って楽しんでって~~~!!!
078-578-3678 神戸市兵庫区荒田町1-5-4


2tone cafe

2tonecafe

2004年4月に神戸・栄町海岸通にてのび太の家をモチーフにした2tone cafeをOPEN。” OSAKA SKANKIN’ NIGHT ” DJ YONEがマスターをつとめるお馬鹿カフェである。
神戸市中央区海岸通4丁目4-3 ワコーレ海岸通 IC 1F
078-341-2205 http://www.2tone-cafe.com


カレー料理店 ヒンホイ
神戸市中央区下山手通5-8-14 山手ダイヤハイツ6号2F
078-382-0073


| コメント (0)